電気・ガス・水道のこと -その1-

新居を決めて、引越し業者と引越し日を決めて・・・・。
次は、電気・ガス・水道の手続きが必要になります。
あと、インターネットもね。私は電話は引いてなかったのでそこは不要。

これらの生活必須の各種契約を、旧居では止める手続き、新居では開設の手続きをします。

昔は電話で手続きしたもんだけれど、さすがに今はネットでできるよなーっと、考えていた時に一本の電話が・・・。

引越し業者からの電話・・・じゃなかった

突如、見知らぬ番号から電話があって、出てみると・・・
「私、引越しのお申込みをいただいた〇〇〇の〇〇〇です!」っと元気な女性の声。
〇〇〇の部分は良く覚えてないのだけれど、私が依頼した業者の名前を最初に出したので、引越し業者が何かしら連絡があって電話してきたのかと思いました。

もっともらしく、「7月4日の引越し、がんばります」とか言ってたし・・・。
で、話を聞いてると、「電気とガスの手続きはお済ですか?」と。

「まだです」と答えると、
「弊社では無料で手続き代行するサービスを行ってます」と。

そんな無料のサービス引き受けるため(会社にメリットないじゃん?)に電話してくるとか何?って思ったけれど、やってくれるなら別にいいかとも思ったので、
「じゃあお願いします」と言うと、「では、手続き進めます!この後、〇〇〇社の〇〇から電話がありますので、その説明を聞いて契約してください」(文言はうろ覚え)的な返事だったので、ああ、ちょっとこれ、営業的な話だったのか・・・と気づく。

そういえば電気もガスも自由化されて久しいし、まとめることで少し安くなるなら別にいっか・・・と。

んで、その〇〇〇社からその後電話があって、いろいろ説明してくれ、最後に「ご納得いただけるようでしたら、契約のurlをお送りしますので、承諾ボタンを押してください。」とその場でボタンを押してくれとの空気

うーん、、、私の癖というか特性なんですが人の話って、なかなか頭に入らないんですよね。もちろん、自分が関心のある内容とか仕事上で疑問に思ったことなどの説明はすっきり入りますけど(あ、たまに入ってこないことあるわw)、何の接点もなかったところから、突然話しかけれられて、一方的に説明されて、「お得です!」って言われても理解できないっ!

普段から、仕事内容とかも文字で書き起こして(図にして?)理解するもんですから・・・・。

何かしら契約するなら、サービス内容も文書で(ホームページとか)まず確認したいし、同業他社も気になるじゃないっすか。
でも理解できたのは、引越し先の初回の支払いは、振込用紙が送られてきて、銀行やコンビニで払わないといけないこと。クレジットカード払いは別に申し込まないといけないこと。
おい、それって、かなり面倒っすよ。

なもんですから、ボタン押すのを待たれている状況ながら、めんどくなってきたので、あとで確認して押しておきますねーっと言って電話を切る。

調べてみて、やはり支払いの件が面倒だし、どうせまとめるなら東京電力の方で手続きすれば、これまでのクレジットカードで引き継げることがわかったので、翌日キャンセルの連絡をしたわ。

そしたら、最初の会社のお姉さんから電話かかってきて、「まだ申し込みが完了してないようなのですが・。」と。
「手続きが煩雑になるので、キャンセルしました」と言うとしょんぼりしてたみたいだけど、ごめんねえ、せっかく1件獲得できたのにね。
(契約した引越し業者の名前使って、さもそこのサービスであるかのような誘導はちょっとどうかと・・・)

私は、私は・・・面倒くさがりなの~~~~。
そんなことありつつ、電気の方はガスとまとめるようにTEPCOで手続きしました。

電気とガスの新居での申し込みは完了したので、次はガスを止める手続き!

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です